ポエム
[TOP]
人さらい
嘘つきの農夫が耕した畑で
子供たちが汗かいて土を掘りかえして
いけないと人の声では言えないものだから
眠っていた蟻や芋虫は泣いていて

いち にっ さん しっ
おりゃ おりゃ おりゃ おりゃ

いっち に さっん し
やあ やあ やあ やあ

たくさん出てきた種をつまみ食いして
それはそれは楽しそうな様子を
あさぶくろの枚数を念入りに数えながら
用水路に隠れた人さらいが見ていて

いち にい さん しい
よし よし しめ しめ

いんち に さあん し
ひょう ひょう ふん ふん

いよいよ日が暮れはじめて
寂しい色の絵の具で空が塗られたら
家で待っている母さんと美味しいご飯も
どんどんあおく冷めていったら

いち にい さん しい
こりゃ豊作だ やあ豊作だ

いっち に さっん し
帰さないぞ 持っていくぞ

人さらいは満足な顔をして
子供たちは震えてたまらなくって
夜の入り口の方にのそのそと
誰にも気付かれずに消えていって
19/09/04 12:36更新 / わたなべ

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c