ポエム
[TOP]
そばにいる
遠く離れても僕はいつも君のそばにいる

たとえ言葉が届かないことがあっても

秋の空を吹く風を見てごらん

山を染めた木々を見てごらん

歩道を彩る濡れた落ち葉を見てごらん

ほらそこに僕がいるから


あなたが辛くなった時

ふと人恋しくなった時

春のぬくもりを忘れそうになった時

この詩(うた)を思い出して


どうかあなたは詠い続けて

どうぞあなたの詩を詠い続けて

いつかきっと気付く事がある

あなたの詩の中に僕がいることを

そうだよいつも僕は君のそばにいる
19/11/14 08:12更新 / 司門君

■作者メッセージ
 なぜか感想が書けなくなっている。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c