ポエム
[TOP]
なんでも可愛くする魔法使い
なんでも「可愛く」する魔法使い
彼の元に醜い女が一人やってきた
「どうか どうか私を『可愛く』してください 」と
魔法使いはこう返す
「僕の醜い心に比べたら 貴女の願いも姿も『可愛い』ものさ」と

そんな頓知は必要ない
損な時間も必要ない
私が欲するのは「可愛さ」だけよ と
醜い女は立ち去った

そんなに醜くないのにな
損など気にしてはいけないのにな
僕は余裕のある者こそが
「可愛い」人だと思うのに

魔法使いはぽつり呟く
魔法使いは今も何処かで
忙しなく 余裕なく

なんでも可愛くする魔法使い 鳥山歩結
19/02/19 12:19更新 / 鳥山渉

■作者メッセージ
もし醜い女性が 頓知に怒らず魔法をかけられていたらどうなっていたでしょうか。
魔法による仮初めの可愛さか 努力と余裕による可愛さか。どちらが正解なんでしょうね。

物語苦手な鳥山さん 未来のお品書きで頂いたリクエストを書いてみたら なんだか童話のようになってしまいました。
難しいですねぇ。

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c