ポエム
[TOP]
右往左往
自信をもって選んだ答えが
答案から浮かんで見える
やっぱりこっちだったのか
音のない独り言を経て
答えを書きかえてみる

足元が崩れ落ちてゆく
両脳が固まってゆく
元に戻そうとしたら
あと一分という声がして
消しゴムを持つ手も窮まった
20/01/01 23:49更新 / Seventh forever


■作者メッセージ
選択式問題のいやなところ

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c