ポエム
[TOP]
巡る無感動と情の先
 またはじまる。
 それは灰色の空気吐き出して、暫くは見ることのない空をざわつかせた。
 木々がそれを避けてゆく。
 徘徊する利益はまだいないんでしょう?
 着飾る気もない癖にまだ媚び売るのね、
 ただ。
 過去に根を貼って育って植物状態のあなたは今、とても素敵よ。
 ……だなんて少しも思ってないけど。

 また終わる。
 それは灰色の空気を漂わせて、暫くは青い空を光らせた。
 もう終わりなんだ
 世に放たれる光
 汚染された空気
 さぁ
 執着しているなら過去と共にあなたを葬ろうか。
 だなんて、あなたの罪には見合わないけど。


 ──また、はじまる。
19/07/23 00:25更新 / 充電式沈没船

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c