ポエム
[TOP]
境界線
夕暮れと夜の境界線

常夜灯の冷たい光が
わたしの影をふちどって

言われなくても
分かってるのに
ひとりぼっちを
強調させる

まるで
時間を遡るように
夕焼けに向かって
走っていく電車を
ただ見送った

もし君がわたしと
おんなじことを
考えていても

君は跨いじゃいけない

境界線

こっちへ来ちゃいけない

生と死の境界線
19/12/05 02:20更新 / Haruka

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c