ポエム
[TOP]
夢のかおり
外はまた明るみを帯びはじめた
いちにち、いちにち、
まぶしく告げては去っていく


ここにいる意味を考える
ここにきた意味を考える


手に入らないものほど
きらきら、きらきらして
手のひらに乗っかっているものは
風に流されていく

小さなころに抱いていた夢のかおりは
あたたかで
おだやかで

憧憬は擦れて消えていく
待ってまだ何か
何か私にし忘れた事があるはずなの

遠くにあるほど愛おしいのだ
そう
夢も、人も、なにもかも
17/08/15 16:57更新 / なさか

■作者メッセージ
遠くに霞む憧憬にまだ踊らされているのか、これは私の願いなのか、意思なのか。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c