ポエム
[TOP]
神捨てよ
ひとりぼっちで空の下

雨降る街で傘の下

歩き疲れて僕は今

落ちる雫を数えてた



懐かしい匂いと一緒に

甘酸っぱい夢が甦り

あの頃見た少女はどこに

きっと今も夢の中に



僕は確かに前を歩く

人は確かに鳴いている

鳥は確かに飛んでいる

みんな確かに生きている



情けや哀れな気持ちを捨てて

本当のことを教えて

みんな僕の声を聞いて

みんな僕のところへ来て



楽しいかい友達ごっこ

全てを暴くまじないも

全てを受け入れる心でも

暴かれない友情を





18/04/15 00:04更新 / 喜楽一膳

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」