ポエム
[TOP]
言えない
独りでいれば饒舌で
誰かといれば口を閉ざしてる
喉から出る言葉達が
口に鍵をかけてしまったんだ
リビングのサボテンに
鍵の在処を聞いてみても
何も答えてくれない
そりゃそうさ
鍵は自分が持ってるんだから

長く生きていれば
他人に言えない秘密は
山のように堆く積み上がる
それが邪魔になって
生きずらさを感じる
年月が経てば経つほど
僕らの中で悪魔が育つ
気付いた時には
僕は誰?
そうならなければいいよな
本当にそうだよな

微熱の夜
ぼんやりしてた
憧れのあの人が
笑いかけてくれたよ

夢の中では
言えた言葉が
朝になったら言えなくなっている
鍵がかかってんだ
困ったな

19/03/08 19:37更新 / yasu

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c