ポエム
[TOP]
ごめんなさい
君のことを思い出すのは
泣きたくなるからです。

泣きたくなると思い出すのは
君の丸まった背中です。

君の背が小さく見えた夜
君の声はもう思い出せない

けれど
その瞳
底のない


沈んでしまったのはそれから
もう抜け出せないのです

愚かだった僕は
今でもまだ愚かなままなのです

僕は君を理解れなかった
君と同じ場所にすら立てなかった

君を理解っているつもりで
君を愛しているのにって

見えていたのは自分だけで

──君の責める声がまだ耳に響くんだ──

だから
泣きたくなるから

泣きたくなったら
君を思いだすのです

君の丸まった小さな背中を
僕の無力さを、愚かさを、
僕には何の資格もないのだと言い聞かせるために。
19/01/02 23:47更新 / 辻葉冷弧

■作者メッセージ
繰り返さないよう、何もしないよう、忘れないよう。ずっと言い聞かせてるのに、どうして夢を見るんでしょうねェ? 自分が嫌になる

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c