ポエム
[TOP]
君に似ている
大空を見上げて、青空を見つめて、その蒼さの中へ落ちてしまいそうだ
夜空を見上げて、星空を見つめて、その輝きからこぼれてしまいそうだ

人は勝手に、本当に勝手に、蒼さや輝きに意味や理由を持たせようとする

投影したそれらが心に響かなければ、無粋なモノとして断罪される

正確に、的確に。

時代が進むにつれて、より厳密にそういうものが測れるようにはなった

0と1の間の揺らぎも、そうやって埋められていくのは、
仕方のないことなのだろうか?

埋められていくのを拒めば、病という便利なコトバで処理される

大空を見上げて、青空を見つめて、その蒼さの中へ落ちてしまいたい
夜空を見上げて、星空を見つめて、その輝きからこぼれてしまいたい

悲しみに似た、柔らかな静寂に、一人、伝える術も持たず佇んでいる
悲しみに似た、柔らかな静寂は、肉体の中にある、形のない確かなものを
そっとほぐしてくれる

空や星は、冷然と遙かなる時空を超えてなお、
人には変わらないものと知覚される

それすらも、人が勝手に、本当に勝手に、自らの想像力の範囲内で、
納めるために決めつけただけのもの

「わからない」と素直に呟いた時に、瞳に映る見上げた空は、

変わり続ける、君に似ている


19/07/05 00:06更新 / 伊弉諾 雫

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c