ポエム
[TOP]
甘い午後3時
春の日 光が射し込む窓の下(もと)
突っ伏した君の 長い髪が そよ風に吹かれてこぼれてった
その瞬間に 机の上の花びらと重なって 甘い空気が漂った
16/03/01 20:12更新 / 古典小点子

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c