ポエム
[TOP]
化粧
彼女の言葉を
あなたは丁寧に化粧していく
そして
それをあなたは優しく語る
まるで自分の言葉のようだ

僕に渡されたその言葉は
彼女自身ではとうていできないくらいに上手く塗られ
そしてグラデーションも完璧だった

でも
素っぴんの言葉を知っている僕にとっては無意味なことで
いくらあなたが綺麗に化粧をしてあげたつもりでも
僕にはそれが綺麗には見えなくて
なんなら彼女の吐く素っぴんの言葉の方が
咄嗟にさらけ出した都合のいい自己防衛的で
緊急故の滑稽さを伴った人間臭さを垣間見れて
可笑しくもあり
嬉しくもあり

あなたの言葉の化粧は
僕にとってはひどく都合を合わせた
いびつなものにしか映らなくて

例えあなたが
僕のためにしたことであろうとも
19/10/27 22:49更新 / 九丸(ひさまる)

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c