ポエム
[TOP]
アネモネの心
アスファルトに咲いた、小さな花弁の手を精一杯広げる赤いアネモネ

雨に風に雪に

降られて揺れて埋もれて

私の心も

雨に濡らされて人に心を揺らされて君という存在に埋もれて

私はアネモネ

今日も君という名の太陽に向かって小さな花弁の手を伸ばす

いつか君が、私だけを向いてくれるように

いつか君が、私に振り向いてくれるまで

私はここにいます
17/09/07 08:36更新 /

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c