ポエム
[TOP]
幸福の平凡
君を見た
高鳴る胸を人は嘲笑った
悲しいくらいに君に恋をした
嗚呼。痛々しく、痛々しく

私が死に至る時
君が側にいてほしい
君が側にいてほしい
そして泣いてほしいのだ

愛しき人よ
共に死に逝けるのならば
どれだけ幸せなこととなろう
そのまま手を繋ぎ

ふわり ひゅーん どささ

ぺちゃり ぷるる ぴぽぴいぽ


そんな世界に共に逝きたい
幸せな地獄ほど幸せなものはないだろう
大好きで 大好きで
君と共に世界を生きて

笑いたかった
君と幸せになりたかった
私と共に 天使の怒号を
浴びて 浴びて 浴びて


幸せに

そのままに

愛したいものだ

消えてしまったの
私への恋は
消えてしまったの
私への向ける笑顔は


17/06/21 08:17更新 / 奕世々 叉愛

■作者メッセージ
なんだかよくわからないくらいに
彼が大好きなのです。
消えてしまった
私への恋は戻って来ないのでしょうか

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c