ポエム
[TOP]
多分忘れない
虚無が元気を出している。
空は大切なことを置いている。
老けないように薬膳を空は食べている。
空の生きがいである。
華(はな)は昨日の小話を覚えているだろうか。
アマゾンの石膏像を見つめながら思う、きっと華(はな)はそのままでいいのだ。
一番そのままでいい人だ。君が
でもブレやすい人だ。
自信を持つんだ。
私は恋をしても?

色って凄い。いや、凄い。
空はメラメラ燃え、しばかなければならない。
空は今全力でしばいている。…君は?
私はついていくよ。
良い友だちが三人くらい居る。全員暗い。
黒が好きだとか、
ブスの話や、
仕事がしんどいこと、
離婚相談、
バイトの医学生を夜に染めたくない、
色々な出来事が起こっているんだ。
セブンスターを吸い、道頓堀で一息つく。
「何してるん?」
わくわくしているのだ。

19/07/21 15:40更新 / 淤白

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c