ポエム
[TOP]
調和
真っ暗な部屋に
閉ざされた
ドアの隙間から
こぼれた光

僕はその光に
手を伸ばして

初めて
自分の色を知った

曇り空
灰色の風の中でも
どうして君は
そんなに輝いてるの

お前は涙より
笑顔が似合うとか

そんな
無責任な言葉は
いらないから

僕の心の
深いところまで

どうか照らして

君の光で

調和して
19/11/11 13:55更新 / Haruka

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c