ポエム
[TOP]
叫びと神
電車内で暴行事件が発生した。1人の男が金属バットを振り回して数人が負傷した。
私は電車に乗って学校から自宅に帰宅途中だった。運動部に入っているから、帰宅時間は遅く、帰りの電車には社会人が居合わせる。多くの人が乗っていたが、満員というほどではなかった。私は期待していたほど何もない生活に飽き飽きし始めていた。私は座ることもできずに立って外の景色を眺めながら、このままでいいのかを自問していた。
私の中の何かが破裂するかのように、同じ電車の離れた方から奇声とともに悲鳴が聞こえた。人がその方向から雪崩れてきて私は倒されて身動きがとれなくなった。そのうち、金属バットをもった男の姿が見えた。男は無気力と絶望感を漂わせながらふらふらとしていた。薬にでも手を出しているのかと思われた。
男は呟く。神はいないのか、と。私は思う。神はいないだろう、と。私は男に近づいていきながら言った。あなたの神は私かもしれない、と。男はうろたえた。私は男に救いを与えるように男と唇を重ね合わせた。男は積極的になって私の胸や太ももを触りだしたが、私には抵抗する気が沸いてこなかった。
こうして大人しくなったように見えた男の後ろから男を取り押さえる人々が来た。男は必死にもがいて私を離そうとはしなかったが、ついに取り押さえられてしまった。

20/01/30 22:51更新 / ジアール


■作者メッセージ
あいあいあー
談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c