ポエム
[TOP]
……光のようにでしょうか。
今…キミを想うのは

…決して間違えてはいないぜ。

でも、ムダに俺らは「大人」だから…

いらんことを考えてしまうんだ。…

「立場」「年齢」「世間体」や仕事…
キミの頭の中を勝手に予想して
キミの心の中を勝手に考えて…

「思いやり」なのでしょうか。…
それとも
「遠慮」なのでしょうか。…


半分くらいは、理解し、自覚してるつもりだが
半分くらいは、俺が誤りかもしれないと…不安もある。


あぁ、、それでも
俺は、僕は、キミに心奪われている。



……僕は。
そんな想いを…キミに伝えたい。

…朝起きて、メシ食って、仕事して、疲れて寝る。
そんな日常を、普通に、ちょっとだけ一生懸命しながら。
好きな曲に、キミや僕を重ねてみたり
…毎日をひたむきに生きながら。


余計なことを考えず。
ただ、まっすぐに
自分の「本当の想い」を出して…



キミのことが

すきだと…言いたいのだ。

…結果は良いものがほしいけど


それよりもまっすぐに、まっすぐに、まっすぐに
光が射すような…
変えようのないまっすぐな…
そんな想いを言葉にしてみよう。


必ず、直接。「俺から」…
19/05/25 01:37更新 / かなめ

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c