ポエム
[TOP]
シケモク
役目終えて自由の時を
迎える番が回ってきた
中休みの息吹に流されて
暗闇抜けた先に胸が高鳴り
セカンドライフ 薔薇色のはずだった

冬の吐息に誤解されて
名乗ればすぐ扇がれて
しかし嘘はつけなくて
飛ばされて 馴染めなくて
野晒しの殻に逃げ込んだ

氷点下の夜 くの字になって
魔法の絨毯焦がす夢を見た
おとぎ話にすがりたくて
限界まで漂ってみたけど
流れ星は見えなかった

誘えるような香りではなく
体に良いわけでもなく
知らない方が幸せだった
煙たがられて行き場なくした
20/01/07 02:03更新 / ぬけあな


TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c