ポエム
[TOP]
信望せしは偉大なる□□□□
我々の信仰は我々の進行に伴いデフォルメ化を果たしながら、
我々はそれぞれの往く道を生き、分離しながら二次創作をしていくだろう。
離れた我々は騒音を掻き鳴らしながら脆弱な我々の為に今日も多くを失う。

──男と女は混ざり合い一つとなるべきだ。

──否!! それぞれ個が二つにしてひとつの為混ざりあっては意味が無い!!

──厭、そもそも我々に邪を生み付ける存在故そもそも二つを消してしまえ。

──我々の神は一柱だけだ!! もう一柱など要らぬ!! まして混じり合うなど!!

時さえ喰えば我々はその在り方等他者に塗り替えられ元など忘れるのみだった。
我々の神への信仰など皆形を失い、剰えあの者達は他宗教の教えを取り込み始めたのだ。

──神の信託を受けし者よ、我々を導いてくだされ!!

──選ばれし者達よ、旅人の道となり、旅人の為にその身を尽くしてくだされ!!

──我々の見る世界は貴方方に託されているのです!! 我々の世界を、心理を!!

──地上に降り立った神の子よ!! その冠に恥じぬ様、我々の王国の為に!!

求めることしかしない哀れな者共に成り果てた今や、心からそれを信ずるものなど。
もう捨て置くべきとさえ思われたその者共こそ、かつて我々が未来を託したはずの存在。

「今こそ神話なる者共の為に捧げたこの身で往く時だ」
「今こそ真なる信仰のあり方を皆に」
「あの者が降臨すれば、きっと」
浄化しなければ。
偉大なる教えも理解出来ず他と同等にするなどこの妖魔の如き連中を


浄化せねばならない。
19/07/23 00:24更新 / 充電式沈没船

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c