ポエム
[TOP]
いきかた
青があまりにも澄んでいるから
真昼に月がぼんやりと映るのだろうか
そんなことが素直に頭をうめてしまう空の下
とつんとつんと歩いている
昨日はてくてくだった

毎日違う足取りで
毎日違う空模様の下を
毎日違う風に吹かれながら歩く

いきさきは決まっているのに
いきかたはいろいろあって

けれども、遅かろう早かろう
目的地はただ平等にやってくる
良いも悪いもないのだ
ただ平等にやってくるだけだ

それでも、自分の意志で歩きたい
それでも、自分で道を選んでいきたい

たまに休めるベンチがあって
そばに寄り添う誰かがいてくれたならば
別つその日までは心も穏やかに
真昼に映るこの月のように
20/02/03 18:45更新 / 九丸(ひさまる)


談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c