ポエム
[TOP]
人間辞職志願者、世に留まる
機械的な空の仕掛け解き明かして
竜が日常の空洞に炎を吐きかけた
休日の虚無感にも意味を求めていた僕は
跳ねる
視界がぶれる
地に足がつく
人間を辞めたくなったから
裂傷の声に耳を澄まして
背中を押す


機械的な君の美しさを解き明かせなくて
竜が日常に噛み付いて穴を開けた
物の怪に片足を突っ込んでいた僕は
頭を抱える
視界がぶれる
地に足がつく
僕ら生まれつきの探究者だから
蟠りがとけるまで
腰を据える

降って湧く謎があるかぎり
世に留まる
19/02/02 19:24更新 / yasu

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c