ポエム
[TOP]
あの子は消えた
あやしいおぼろ月のした
あの子は白い布切れを巻いて
澄んだ宝石をこぼれるくらい
両手に乗せて空へ掲げて

呼んでる 呼んでる
優しい声で

あれは悲しい光を蓄えた
どんな術もどんな思惑も
なにも含まない原石で
恥ずかしいほど大切なもの

あの子はいったい誰に許されるの
いったい誰に許されるべきなの
どこへ導かれるべきなの
なぜ涙を浮かべてるの

どうして どうして
優しい人よ

思わず視線をそらした瞬間
あの子は跡形もなく消えた
乗っていた蓮の葉の上に
石を一つだけ残したまま

どこかへ どこかへ
あの子は消えた

さよなら さよなら
優しい心
19/08/15 02:15更新 / わたなべ

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c