ポエム
[TOP]
ティータイムは続く
「あ、死にたい」
僕が心の中で呟く
「それは困りますね」
少年のはちみつ色の髪が揺れる
「君はそうだろうね」
僕が皮肉っぽく言えば
「ああ、もちろん」
と、こんなときだけ素直になる
「はぁ......」
項垂れる僕を少年が笑う
レディグレイの香りが漂っていた
18/12/18 10:24更新 / あむ

■作者メッセージ
ティータイムシリーズその2

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」