ポエム
[TOP]
化け物の涙
「私と友達になりましょう」
あなたが言ったその言葉
私は耳を疑った
一人が当たり前の私には
友達ができるという考えがなかったから

あなたと一緒にいる日々は
信じられないくらい幸せな時間だった
「一人じゃない」
なんて心が躍る響きだろう

けれど あなたはいなくなった
私は考えた
「あなたが帰ってくるのはいつだろう」
私は待った 晴れた日も雨の日も

うすうす私は気づいてた
あなたはもう帰ってこない
それでも待った
あなたの帰りを いつまでも

あなたと過ごした日々が
私を苦しめた
耐えきれなくなって
とうとう私は泣き喚く
「こんなことならば あなたに出会わなければ良かった」
泣いたってあなたはまだ帰ってこない
19/07/25 00:10更新 / 空雲上

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c