ポエム
[TOP]
喫茶店の彼
彼は珈琲の香りを纏っている
苦く 香ばしい香りは
彼の魅力を引き立たせ
見る者を溺れさせる

その彼を射止める人は
きっと
キャラメルのように
甘く 甘く
彼に溺れ 彼を包むのだろう

今日も暖かな光差す
レトロな喫茶店には
珈琲が香る
19/01/05 20:37更新 /

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c