ポエム
[TOP]
常識的な問い
お前はなぜそんなに苦しむ
イヤホンから流れる曲が
生意気にも僕に問いかける

ルービックキューブに
なめらかさと
かたさがあるように
丸いはずの未来が
現実では角張ってみえるように

秋めく魚の目の前に
垂れてきた一本の釣り糸
そいつはためらうことなく
くす玉をひく要領で
アゴを目一杯使って

明らかにだまされていようと
それでも 自分を変えるために
心の高鳴り その高鳴りに
そいつは勝てやしない

そしていつしか 
そいつの川に冬が襲う
しかしもはや
おそれなど無い

夏は暑くなり
冬は寒くなる
人生も同じであれば
もし今が冬ならば
それは来るべくして来たものであり
それは去るべくして去っていくのだ
19/11/08 13:12更新 / 砂漠色

■作者メッセージ
いつも閲覧・投票していただきありがとうございます。

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c