ポエム
[TOP]
語り手
私は知らなかった
幸せが永遠には続かないことを
私は気づかなかった
いつのまにか壊れていたことを

彼は忘れていた
私と大切な約束をしたことを
彼は気づかなかった
私がどれだけ彼を愛していたのかを

彼女はわからなかった
私がいつも我慢していることを
彼女は気づかなかった
私がもう限界であることを

彼等は思いもしなかった
私がずっと嘘を吐き続けてきたことを
彼等は気づかなかった
私が死にたいと願っていることを
20/01/17 15:51更新 /


■作者メッセージ
人は誰もが誰かを傷つけていることに気づかない。そうして傷つけられた誰かもまた、誰かを傷つけている。ああ今日もまた、あなたは『私』を傷つけるんだね。
談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c