ポエム
[TOP]
ポトマック
奪われた過去の中に立って
見渡す風景 ひとしきり
青く滲んで 過ぎ去って
感傷ひとつ ふりほどく

駅のエレベーターがとても憂鬱的で
天窓から差し込む光すらとても悲劇的で
僕はずっと鞄に付けられたキーホルダーを見つめてる
思い出 全て消えて
魂 心焦がすのを止めて
陽だまり ふざけた笑みを浮かべて
春先 駅のエレベーターに腰掛けて
気色悪い人々の群れ
血色の悪い顔のそれぞれ
混み合った車内で吸う空気
優先席で嘔吐した病人

過去の連なりを断ち切って
未来への展望を投げさって
青年は詩を書く
今を懸命に生きる
生命の発露がそこにある
感情の放流がそこにある
希死念慮がそこにある
うららかな午後の日差しがそこにある
不確かさがそこにある
実存がそこにある
不器量がそこにある
ひとつの歴史がそこにある
死せる魂そこにある
尽きることなくそこにある
19/10/01 02:55更新 / ぼんくらなぼく

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c