ポエム
[TOP]
風呂場の鏡
風呂に入れば鍵を閉めれば

自分で選んだ孤独と寂しさ

それゆえ誰も見ちゃあいない

シャンプーをしてシャワーを浴びて

鏡が曇り始めたら

俺だけの文字を指で描くよ

シャワーを止めて寒くても

忘れたくないことがある

体を洗ってシャワーを浴びて

曇ってぼんやり俺だけの文字

誰にも見られないように

シャワーをかけてさようなら

明日も頼むよ風呂場の鏡
19/04/30 15:17更新 / 彫刻さん

■作者メッセージ
作業現場

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c