ポエム
[TOP]
黄昏

年老いて良し悪し

月に水を注げば

細かな雨が胸を打ち

貪欲の暗さに幕を閉ざす

些細な幸せを噛みしめ

二人で歩くと決めた道

泣き止み月は道を照らす

虚しい訳ではないが

嬉しくもないと心は叫ぶ

彼の手をとり黄昏に揺れる



19/12/12 05:56更新 / 秋桜


■作者メッセージ
今が人生の中で、
一番幸せかも知れない。
忙しかった日常に疲れたからか。
よき理解者がいてくれるからか。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c