ポエム
[TOP]
ウミネコの鳴く港の遅い朝は

おだやかな陽だまりの中

漁を終えた男たちが

船の片付けをしていた

さっぱり魚が獲れないと嘆く

そんな男たちを尻目に銀色の魚影が

群れを成して湾内を廻って行った

アオサギがねむる様にじっと海を見ている

彼の獲物にしては少々でかすぎる



また一そう船が帰って来た

なぎの湾内に一時の波が広がり

舫い繋りの小舟たちがぶつかり合って

タム・タム・タムと音を立てる

ドッドッドッというエンジン音と

ディーゼルスメルを残して船が去った後は

またいつものおだやかな海

カラスとセグロカモメの争いの他は

まどろむ様な緩やかな風の中
19/10/05 09:50更新 / 司門君

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c