ポエム
[TOP]
自己満
目を閉じた
瞼にそっと映し出す
あの時の光景

光に包まれたあなたは
いつも滲んでぼやけて映るのに
あの時の胸の高鳴りは
今も膨らむばかり
締め付けられて苦しくなる

一瞬で引き込まれた
空間に、時間に、その世界に
私は永遠と夢見続けて
生きて行くのだろう
現実には起こりえない出来事を
この胸の端っこで妄想して
秘かなときめきを抱きながら
どうする事も出来ない憧れを
自分自身で満たして行く
19/05/31 17:03更新 / mayumi

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c