ポエム
[TOP]
月のほたる
腰かけられそうな三日月から一雫
垂れたその一滴がとても眩くて
とつん、とつんと歩く僕は
思わず掬ってしまった

掌で控えめに眩い雫は
やわらかくて
それでいて凛として
そして、暖かくて

せっかく僕のところに来てくれたのだから
せっかく僕をみつけてくれたのだから
だから、名前をつけたくなったんだ

僕を照らしてくれた光る雫
そうだなあ
これからは
月のほたると呼ぶことにしよう
19/11/27 22:09更新 / 九丸(ひさまる)

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c