ポエム
[TOP]
milk
君はいつもそのまま
憧れとも愛とも
つかない
言葉が優しい
わたしは
特別に愚かでありたい
この遊楽を
どうか続ける慎ましさだけを、
取り離す

君のせいで
わたしはこんなに愚かかしれません
内蔵を渡すときは
深夜
私の胃をみて「何か言って」と、私が君に、
それが浅情であると言わずもがな

愛想をするときだって
挫けるときだって
何時でも

君、

何か
それだけを喋り合い
暮らすのが
見栄が
ついて良い
と、私は思いましたが、大層な意見があるものだ、
打ち流されて来て
もうやっぱり駄目

魚好きですか?
鯛のお造りがすきです。
19/07/09 11:25更新 / 淤白

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c