ポエム
[TOP]
孤独なもの。
来る夏に身を落とし、翡翠の空に牛乳を溢し、
今度わたし、あなたの皮フ食べたいわと強請り、
朝から泣いてゐる
毎日その夢をみてお腹が一杯であるから、コーンフレークしか食べれずにいます。
健全たり。こころが病み、手が震え、なにもおぼつかないから、ただ飼っている亀を眺めている次第。コーヒーを飲み。
19/07/08 07:54更新 / 淤白

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c