ポエム
[TOP]
法華経・ほっけきょー!
まず、仏所の成就は第一に稀有で難解なのよ。

ただ諸法(いろんなところにある法)

の、実相を究侭したまえり。



この日の良いこと、
悪いこととは、一大事の因縁を持って世に出現し、

仏知見、やさしさの道に入らしめんと欲し世尊が現れた。





四衆 びくに。





 もし人悪刀杖、及び、瓦石を加えんと欲せば、すなわち変化の人をつかわして 衛護する。






如来

智恵の門は難解 難入。
仏の知恵は甚深(じんじん)無量なり。

如来・・・智恵
菩薩・・・やさしさの優れた

如来、意趣さとり難し

ぼく、如来はすごい。けど止めるな。また私は説かなかった。





我 仏来。

常に説法を教化してる

下地のない億の衆生を仏道に入れてる

無量の功だ

あなたが衆生故 わたしは方便を使う

實(じつ)は不滅であることだから方便を使う

我、常に此処に住んでる


我を見てころびなさい

我、滅す度、舎利を供養して皆

れん慕する

その命を 生きる渇仰故に

衆生は既に伏し 正直で意が柔軟

心に欲を静観してる

身命を惜しまない僧は、陵鷲山(やま)が出た!と言って、

我欲を光らせる

このことは不滅です

この方便の力の為


こうあっても、それ故に不滅であり、私の国には人がいる。

信じる者を敬恭している

この上ない法だ

きみはこれを聞いたことがない

ただ我を滅せばいい

我が見る衆生は おー苦界を持っている

故、我は現れ、その生を渇仰する

其の心のれん慕に説法が含まれていて

それ(掛声)神の通じる力


桜閣の 常に山はあって我はそれを所としている

衆生は見るのをやめてふたをした

心に

その心の中で火事が起きたとき

人々は安穏とした

天人に満ちて

園や林は堂をかまえ、樹や花や果がなった

衆生は遊楽した

天が逆転しても伎楽が生まれた

曼荼羅(まんだら)の雨にみんな咲き散り

我は浄土を想った

みんな見たことを焼いた

怖れて苦悩した

全ては充満して… これ、罪の衆生、その悪の因果を学(あそ)び

これは三宝

諸の功徳を修じて

柔らかく 素直に

すぐ我たる身


ある時、この衆 寿を迎えた

この説明は難値、難しい

我の智力だから

恵光照無量

久しく修行を所得

きみたちは有智

もっと生疑しなさい


光を灯すこと

仏語に嘘はない

善方便

猛り 治める故


この言葉は死なない

五欲(うらみ)をはなれ 五欲(よく)を放たれ

(よく遊ぼう)

悪道の中に落ちるな 我常に衆生を知る

道にあろうとなかろうと

自分で心を動かし念ずる

以下衆生に命令

無上道に入り

即成就仏心


南無





0

18/12/18 00:49更新 / 淤白

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c