ポエム
[TOP]
四行の道化
噫、例えばこんな嘘を
嘘だと決めてしまえた日には
そこには貴女がいることを
ただそれだけを願っていたい

雨が好きだっていったのは
静かじゃあないからだったんだ
誰の靴音もしない街角で
水に溺れて沈む声を見た

カラカラって擬音語で
連想したのは幸せかい?
それとも不幸や悲運かい?
「何も。」だなんて言わないでくれ!

止めようよこんなことはって
言えたあの頃には戻りたくないよな?
そうならよかったなって僕は
ずっと思っているんだ

ほら聞こえるかい?
嘆いたのは君だ
こんな道化師も
君の為に踊ったんだよ
19/01/28 20:10更新 / 辻葉冷弧

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c