ポエム
[TOP]
過去の自分へ、未来の自分から。(1)

今、貴方は自分の足でちゃんと立ててる?
自分が自分だって、証明できる?
恐らく、今の時期の貴方なら、自分が自分である事。
その事自体の意味を見出そうとします。
だけど、自分なんてちっぽけな物です。
自分が自分である、理由などないのです。
例え、泣きそうになっても、挫けそうになっても、怒りに飲み込まれようとしても、悲しみに溺れようとしても、いつも、私が貴方の側にいます。
貴方のすぐ側に。
19/09/07 23:30更新 / 咲乃 涙

■作者メッセージ
一編一編違うお話を公開していくのでまた宜しくお願いします

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c