ポエム
[TOP]
SA・DA・ME・NA・TSU
春の夢はどこか遠くへ

流れ流れに急ぐ

暴れ者のように

綱では効かぬ

明日への轍



続く人々の群れ

死への道さえも

気づかないからこそ

前へ進めるのさ

人間としてではなく



闇の中で会う二人は

馴れ合えぬ運命

海は深けれど

浅い夢ならば

沈むことはない



離れてゆく二人は

涙する恋を知らない

春の宴を空の上から

愛の焔を地上から

うごめく夏の魂が

春と知らずに目覚めて

恥ずかしがる乙女



自由から逃げるように

酒に溺れ明け暮れた日々

飲まないとやってられない

そんな世の中



同じ海で巡り巡る

あの日と同じ波

押し寄せる度思うのは

焦れったい過去



魂の叫びは君の胸に

遥かな燈の一つさえ

同じ夢を見る

行く末を案じる真理はどこへ

運命なんかと言わないで

いつかは目覚めるはず



人恋し季節なら

たとえ目覚めの春でも

ときめいてもいいはず

見つめあったその日から

愛に溺れるのはなぜか

悲しいだけじゃないはず

報われる恋もあるはず

遠い過去へ戻っても

やり直せる気がしない

終わったことは振り向かず

前だけ向いていこう

今を生きていこう
















18/03/18 22:41更新 / 喜楽一膳

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」