ポエム
[TOP]
恨み辛みをつらつらと
意味のない言葉を綴って満足する今日に睨みを効かせる
愛されたことのない俺が愛してみた結果に従って
俺は今日も生きていくんだって思いたくなくって
順風満帆に見えたそれを疑いもしなかったそれを
俺は俺だけの価値観で生きていくって決めたけれど
希望を抱いた10代後半とは一転して
絶望の入り口を見た20代前半
これからのことはもちろんわかってる見よう見まねの
見切り品セール
生きてなんてほざく奴らに今日も恨みを持っていきます
簡単に希望を投げつけるな 目の前の快楽に飛びつくな
幸せそうに笑うカップル家族夫婦
そんなもん見た日にゃこちとら胃が痛くなって
腹が立って
自分が太陽の下に出ることを拒絶されるような感覚にあって
今では夜の住人さ
夜の住人は割と気さくで それでいてみんな闇を持っていて
金持ちだけが笑う世界を見て 金持ちになれない実力を知って
絶望する中太陽を避ける
いつになったら月に行けるんだと
淡い望みを抱いて 今日も鬱々とした日々を過ごす
今日という日は今日しかないよと
ほざく明るい人たちに
タバコの吸い殻を投げつけ痰を吐き捨て
そんな考えの人たちに理解できないこの痛みを
心なんかじゃない頭が痛い
それでもここに居たい
居場所を見つけた夜の住人
それでも望むのは日の本
日光で焼け焦げながら
飛び続けるは鷹か蝙蝠か
延命を求める俺に
手を差し伸べることに
意味があるのか理解してから
語りかけてくれ
19/10/17 09:39更新 / 1人

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c