ポエム
[TOP]
海の青を望むうた 前

天国と地獄と現世を救った人はなんと呼ばれるのでしょう。とんと検討もつかなくて唸った夏の午後。クーラーが効いた部屋は外への関心を蝕んでいく。ふと、なけなしの興味は故郷を想起して、帰りたいと、きみみたいだと笑ってしまう。見つめていい?ブルーサファイアの瞳。どこまでも広いぼくらの故郷が、青の瞳が、海を想っていた。
だから、三界をゆるしたぼくは名前のないなにかになって、眩い光の電源が落ちる。もう二度とつかない灯りは、あの夏の午後を葬り去っていくのでしょう。輪の住人が離れて、放れて、すべてが亡かったことにされる。ユートピア。洪水が起きて、方舟に乗ったきみが初めて生きたいと叫んで、ようやくきみも笑えたね、と綺麗でもない笑顔が零れ出た。時間だ。ねえ、最後のお願いを、耳を貸して。五日、ぼくは忘れてしまうから、

「いつか、海で会いましょう」。
19/05/03 13:10更新 / 柚子色

■作者メッセージ
続き物。後と合わせてどうぞ。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c