ポエム
[TOP]
窓の外
窓から見えるすべてが
わたしがわかるすべて
何もしなくても変わる空気
生身で感じてみたかった

降り積もるふわふわが
白い季節の訪れを伝える
ガラス越しの冷たさに
自分の手で振れたかった

お気に入りの雲 行かないで
さよならの時間 忘れないよ
太陽にまたねと手を振れば
ずっと朝が来てくれる気がした

約束を交わした人はいない
迎えてくれる人もいない
それでも向こう側を夢見た
窓の外に行きたかった
19/12/02 13:06更新 / ぬけあな

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c