ポエム
[TOP]
とんがり頭は考える
イヤホンをつけ
耳にサイダーを流す
心地よくなったとんがり頭が
満点の空に映り込む

やがて炭酸が抜けはじめ
彼はまた考え苦しむ
心に巣くう鬼を
どう倒せば良いのか

ペンはあるが紙がない
ならばこの空に書こう
あの娘へのラブレター

爽快感が
のんきな雲の合間を漂う
鬼が怖れる金棒が
月光を浴びて照れていた

この気持ち 届け
19/11/05 21:20更新 / 砂漠色

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c