ポエム
[TOP]
最後の一葉

冬枯れのとき
路上の落葉を
掃き浄め
気持ちいいくらい
なにもない歩道に
たった一葉の落葉が
目立つのだ
掃除という仕事をすれば
神経質で気になる職業病に
なってしまうんだろうか
どうしても最後の一葉が
気になって気になって

箒で掃こうとしたが
その落葉の抵抗はしつこく
塵取りに入ろうとしない
何度も掃いても
地面にへばりついて
いやいやをする
なんだとこいつこれでもか
いくら掃いても離れない
諦めの悪いやつだ
この世にまだ未練があるか

とうとう切れて
足で踏みつけ蹴飛ばすが
それでもしがみついて離れない
怒り心頭に発す
手で剥がし
これでもかこれでもかと
引き千切り引き千切り
塵芥
どうだザマを見ろ
素直に掃かれていれば
いいものを

すっかりと裸木になり
冬は平野を飛んでくる
19/12/16 01:35更新 / シニヤ = シネー


TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c