ポエム
[TOP]
底無し沼に集るアブ
救いの無い物語に
終わりをつけるとするなら
どんな言葉が相応しい
どんな言葉でも白けてしまう
感動も涙もありえない
あるのはひとつの虚無であり
ぽかんと口を開けた空洞だ
その淵を颯爽と滑っていった
生き急いだ自意識が
終に足をすべらせ滑落する
救いの無さは伝播する
誰もがその空白に呑まれていく
今日も明日も明後日も
物語を観た人が一人ずつ落ちていく性
誰にも気付かれずに
深く暗い底無し沼に呑まれ
そこに蔓延るアブの群れが
塞ぎ込んだ自意識をすべて食い尽くした
19/07/08 04:02更新 / ぼんくらなぼく

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c