ポエム
[TOP]
しあわせの味
自分が見ている世界と
他の人から見えている景色では
違って見えているのかな

自分が思っていても
ひとからすれば
そうじゃなかったりもする

あたしの胸に秘めてる愛だって
他の人からしちゃうと
コーヒーカップくらいちっぽけで

あたしからすると
怪獣よりもでっかくて
しあわせの味が満ちていく

他の人では分からない
あたしじゃないとダメなんだ
このドキドキが
膨らむ好きが
言葉に託して笑うんです


好きなものが見つかると
視界はとっても狭くなるのに
こころはとっても広くなる

あたしは自分の好きで歩いてる
19/03/20 18:23更新 / 槻*

■作者メッセージ
恋愛の詩、模索、勉強中です。これからもがんばります。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c