ポエム
[TOP]
海鳴り
東京の駅の片隅で
少しだけ海鳴りがした
故郷の北の海にはロマンなど無くて
魚達が喰い合い、生殖する血潮の匂いだけが鼻を刺す
海鳴りの音は彼らを賛美する地球のリズム
ゴウン、ゴウン
ザブン、ザブン
ゴウン、ゴウン、ゴウン
ザブン、ザブン、ザブン
私は平和な発車アナウンスとともに、波に乗せられてゆく
何故、海鳴りを感じたのか
二度と出会わぬあなたを思い出したからか
人の群れにあなたの面影を見つけてしまったからか
18/04/24 23:34更新 / とり

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c