ポエム
[TOP]
腕時計の賞味期限
遂に一番ゆるい
穴に通す
小さくなった相棒
『腕』の2字無き役目は
その個性から永遠の別れ

チクタクチクタクと
オレの胸を締め付ける
時は止まっちゃくれない
風邪を引けとばかりに
咳をふきかけても
それでも休まず
働いてくれた

保存剤無き明日を生きるために
今日も正確なメロディーを奏でる

小さな相棒の
終わりなきエピローグ
19/10/30 00:35更新 / 砂漠色

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c